記者バカ一代 マル秘取材メモで振り返る、昭和&平成「記者会見」裏面史

号泣!大爆笑!居直り!記者会見に見る、昭和・平成史

早見優&松本伊代 踏切立ち入りで警察が出頭要請!「涙のW謝罪」大騒動

                                

花の82年組」の同期で、プライベートでも30年来の親しい仲といわれる松本伊代早見優が、日を置いて謝罪記者会見に臨んだのは、17年2月だった。

 発端となったのは、松本が同年1月14日のブログにアップした1枚の写真。

 そこには京都・嵯峨野の踏切内に立ち入り、2人仲良く笑顔で手を広げる写真に「京都、竹林の道の途中 踏切で優ちゃんとパシャリ」「その瞬間踏切が鳴り、慌てて逃げる2人」といった文章が綴られていたのだ。

 むろん、アップされた写真にも「立ち入り禁止」表示が写り込んでおり、線路内が立ち入り禁止であることは言うまでもない。

 さっそくSNS上には「これは非常識!」「進入禁止を知らないのか」「芸能人だからといってこんな危険行為が許されるのか」等々の批判が集中。

 慌てた松本は翌日、記事を削除すると「私の不謹慎な行動にてご迷惑とお騒がせをいたしまして、大変申しわけございません」とブログで謝罪したが、時すでに遅し。

 騒ぎはどうにも収まらず、警察に匿名通報が寄せられたことで、左京署が2人に任意での出頭要請を出すまでに。

 一部報道によれば、事情聴取は5時間にも及んだという。

 2月10日に2人が鉄道営業法違反の容疑で書類送検されると、松本が11日、早見が12日に、それぞれ記者会見に臨むことになる。

「ご迷惑をおかけして、本当に反省しています。正直、私たちの前にも撮っている方がいて。線路が真っすぐで周りが竹林できれいだったので、撮ろうという気持ちになってしまって…。(看板は)全く目に入っていなかった。私が本当にバカなだけで…」

 松本はそう釈明して、涙ながらに謝罪した。一方の早見も、

「私の軽率な行動により、大変なご迷惑をおかけしましたことを深く反省しております。観光客の邪魔にならないように撮影しようと、全身も写るように2、3歩下がった時、線路に入ってしまって…。私も伊代ちゃんに本当に悪いことをしてしまったなと」

 通常、踏切内に侵入して写真を撮っただけで、書類送検までされるケースは稀だ。

「ただ、ここ数年『撮り鉄』らによる迷惑行為でトラブルがあとを絶たないこともあり、警察としては注意喚起という意味合いもあって、厳しい処分を下したのでしょう。子供じゃあるまいし、立ち入り禁止の看板は目についたはず。やはり社会人としての自覚が足りなかったことは、否めないでしょうね」(全国紙社会部記者)

 当時、早見は50歳。一方松本は51歳。

 さすがに、伊代はまだ…では済まされなかったのである。