記者バカ一代 マル秘取材メモで振り返る、昭和&平成「記者会見」裏面史

号泣!大爆笑!居直り!記者会見に見る、昭和・平成史

セイントフォー 4人を解散に追い込んだ所属事務所と橋幸夫「3億8800万円」全面戦争

                          

 メンバーそれぞれのカラーが決まっていて、バク転等のアクロバティックな動きが特徴的な女性ダンス・パフォーマンス&ボーカルユニットといえば、「ももいろクローバーZ」をイメージする人は多いだろう。

 その元祖と言えるのが、1986年9月に「40億円デビュー」という派手な触れ込みで登場したセイントフォーだった。

 メンバーは岩間沙織浜田範子、鈴木幸恵、板谷祐三子の4人。

 いずれも映画「ザ・オーディション」主演の一般募集によって3万人の中から選ばれた少女で、「日芸プロジェクト」という芸能事務所に所属した。

 十数社のレコード会社による争奪戦の末、橋幸夫が副社長を務めるレコード会社「リバスター音産」が契約にこぎつけている。

 デビュー後、1年ほどの間にLPとシングル合わせて9枚をリリースするなど、その活動は誰の目にも順風満帆に映っていた。

 ところがその裏側では、彼女たちが知らない「大人の事情」による、泥沼のスキャンダルが勃発していたのである。

 古参の芸能記者が解説する。

「彼女たちはポッと出のアイドルとの差別化を図るため、デビューまでに2年を費やして歌唱からアクロバット、ジャズダンス、ローラースケートに至るまで、徹底的にレッスン。その甲斐あって、デビュー後には独自のパフォーマンスがウケて着実にファンを増やしました。レコードの売り上げは15万枚から20万枚に迫る勢いでした」

 ところが1年後の1985年10月を最後に、リリースがストップ。

 その理由が「日芸プロジェクト」と「リバスター音産」との間で起こった、金銭をめぐるトラブルだった。

 前出の芸能記者が続けて言う。

「所属事務所側はレコード印税が全く支払われなかったとして、橋を背任横領で告訴し、さらには橋がセイントフォーの引き抜き工作を画策していたと主張した。一方の橋サイドは未払いとされた印税はレコード制作費と相殺済みであり、引き抜きは事実無根で名誉を傷つけられたと怒り心頭。全面対決は避けられない状況でした」

 翌1986年10月2日、都内で記者会見を開いた所属事務所の後藤文雄代表は言った。

「話し合いでダメなら、もう法律しかない。橋さん側が『訴訟でもなんでもやってくれ』という返事なので9月30日に、提訴に踏み切りました」

「リバスター音産」に対し、約3億8800万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴したと明らかにしたのだ。

 もろんそんな状況下では4人の音楽活動を継続できるはずもなく、翌1987年1月18日、セイントフォーは東京・御茶の水の日仏会館でのコンサートを最後に、解散することになった。

「大人のトラブルには疲れました。中途半端な状態ではかえって申し訳ないと思って、4人で話し合って決断しました」

 涙ながらにそう語る、リーダーの岩間。鳴り物入りでのデビューからわずか2年5カ月で打たれた終止符に、会場に詰め掛けた500人のファンからは惜しみない拍手が送られていた。

DJ OZMA 「紅白パフォーマンス事件」でNHKに干され…突如、急転直下の引退宣言の真相

                              

 自称2000年に韓国で、2004年には台湾でデビュー。

 2006年、満を持して「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」で日本デビューを飾り、なんと同年末のNHK紅白に初出場したDJ OZMA

 ところが、何も着用していないかのように見えるボディースーツの女性ダンサーらによる「脱ぎパフォーマンス」に対し、放送中から抗議が殺到。

 番組途中で総合司会の三宅民夫アナが「裸ではありません」と釈明する騒ぎが勃発した。

 騒動後、NHK側から番組出演のオファーはパタリと途絶える。

 翌2007年の紅白出演メンバー発表に際しては、選考発表前からスポーツ紙で「出場辞退宣言」するパフォーマンスを見せるも、むろん出演メンバーに彼の名前が入ることはなかった。

 そんなDJ OZMAが突如、記者会見を開き、年内いっぱいでの引退を発表したのは、2008年11月27日だった。

 OZMAはこう語った。

「2006年の紅白をピークにゆるやかな下降線をたどり、本日に至ります。私はスターではなく普通の人間。これが限界ではないかと思いました」

 ところが少し前の9月、とんねるずとの新ユニット「矢島美容室」のお披露目記者会見では、

「目標は紅白復帰と東京ドーム7日間公演。今年の紅白のプロデューサーに詫びを入れたい」

 と明言していただけに、この急転直下の引退発表に報道陣は驚くばかり。

 ただ、「紅白」出演は諦めきれないようで、

「最近、非通知でNHKのプロデューサーに電話してます。Perfumeやジェロは来年も頑張ると思うけど、僕には今年しかないんです。中学時代は縦社会だったので、土下座は得意のもの。ビックリするくらいにきれいな土下座を見せますよ」

 冗談とも本気とも取れる「紅白出演要請」で、会場を沸かせたのである。

 とはいえ、新ユニット結成からわずか数カ月での引退発表に、芸能記者の間では「ある噂」が囁かれたことも事実だった。

「6月に一部週刊誌が、彼の愛人だったとする女性の告白記事を掲載しました。報道直後、本人は自身のブログで〈だって、逢ったこともないじゃん! つーか、自分で言うのもなんだけど〝DJ OZMAの愛人〟って…正直微妙じゃねー?〉と、女性とは面識すらないとして全面否定。その後、怪文書騒動が起きます。だでさえスキャンダルには敏感なNHKですからね。特に『紅白』となれば、なおのこと。それが引退に繋がった大きな理由なのではないか、ともいわれています」(スポーツ紙デスク)

 真相のほどは定かではないが、「DJ OZMA」はフリーの俳優に襲名させ、引退後は他のアーティストへ楽曲を提供するなど裏方に回る、と。

 そして「DJ OZMAは永遠に不滅です」との言葉を残し、壇上から降りた。

 はたしてOZMAを突然の引退へと導いた本当の理由は何だったのか。

 気になるところである。

篠山紀信 信頼関係を揺るがす行為に激怒!「山口百恵の〝トップ〟が写った写真」流出事件

                               

 日本を代表する写真家の篠山紀信氏が今年1月、老衰のため83歳でその生涯を閉じた。

 女性を被写体にした多数の写真を撮影し、樋口可南子宮沢りえの衝撃的な写真集でブームを巻き起こしたことは、今さら説明するまでもないだろう。

 写真家が写真を撮る上でも最も大切なこと、それが被写体である人物との信頼関係だ。

 ところが、その信頼関係を揺るがす事件が勃発した。

 1986年9月の「山口百恵の上半身全開写真」流出騒動だった。

 問題の写真が掲載されたのは、写真週刊誌「FOCUS」。

 写真はこの8年前に発売したLP「二十才の記念碑 曼殊沙華」のジャケット用として撮影されたものだった。

 それがあろうことか、両人に無断で掲載されてしまったのである。

 9月29日に怒りの緊急記者会見を開いた篠山氏は、流出した写真は約150カット撮影したうちの2枚であるとして、

「あれは正真正銘、私が撮った写真です。保管してあるネガと照合したところ、2枚のうち1枚が確認できました。ネガは銀行で厳重に保管しているので、デュープ(複製)されたとすれば、現像所から私の手元に届くまでに、何者かがやったのだろうと。犯人を特定できれば告訴します」

 むろん、発売元の新潮社に対しても、

「写真を撮った私には著作権があり、百恵さんには肖像権がある。それを全く無視して公開されたことに対し、怒りを感じます」

 厳重抗議したことを明かした上で、次のように撮影の経緯を説明したのである。一糸まとわぬものを撮る意識は両者にはなかったとして、

「上半身裸で撮ったものがあり、たまたま何点か『トップが写った』ものがあった」

 撮影当時、百恵さんは20歳。

 むろん、ジャケットにこの写真が使われることはなかったが、会見の3日前に百恵と連絡を取ったという篠山氏は、彼女の言葉を代弁。

「20歳の記念に納得してやった仕事ですから、今さらあれは自分ではない、山口百恵ではない、なんて言うつもりはもうとうありません。ただ、この写真がこういう形で世の中に出たということについて、本当に信じられない気持ちです」

「大変申し訳ない」と謝罪する篠山氏に対し、百恵は「篠山さんの権利をはっきりと主張して下さい」と答えたという。

 篠山氏がフィルムを現像したA社を相手に訴訟を起こしたのは、騒動から約1カ月が経過した10月25日。

 この写真家と被写体の間に起きた、「性善説」を揺るがす事件は、ついに法廷へと持ち込まれることになったのである。

林家木久扇 「ラーメン商標権」訴訟で司法が認めた「芸名の価値」

                               

 今年3月いっぱいで、55年間にわたって出演してきた長寿番組「笑点」(日本テレビ系)を卒業したのは、落語家の林家木久扇である。

 卒業を目前にした3月13日、都内で「『ありがとう!林家木久扇ラーメン』メディア向け完成お披露目ご試食会」を開催。

 試食会には息子である二代目林家木久蔵も出席し、「笑点勇退に際して、ファンや関係者への感謝を表現するラーメンを開発していると明かした。

 木久扇は、

「『なんでラーメンなの?』とよく聞かれますが、私、実は高校が食品(課程)の出でしてね。ラーメン(作り)は先祖返りのようなもので。(新商品についても)どうしても食べたかったのは、小さい頃、風邪を引いた時に、母ちゃんが出前で取ってくれたラーメン。(新商品は)心の中のラーメンのつもりでございます」

 改めてラーメンに対する熱い思いを語ったのだった。

 木久扇が木久蔵時代に「木久蔵ラーメン」を販売したのは1980年代。

 長年にわたり「笑点」では「まずい!」とネタにされながらもファンに愛されてきた。

 その木久蔵ラーメンが商標権をめぐるトラブルで、製造・販売していた福岡市の食品会社から訴えられた。2023年9月のことである。

 原告の食品会社は2005年、木久扇の所属事務所と1食5円の対価を支払う契約を締結。

 ところが2021年になり、商標権がすでに2015年で切れていたことが判明したとして、今後、対価の支払いはしない旨と、期限切れ後に支払った対価の返還を求めた。

 すると(木久扇の)事務所側から一方的に契約解除を通告されたとして、同年7月、会社側が出荷停止及び、在庫処分などの損害に対し、事務所側に約4200万円の損害賠償を求める訴訟を提起したのだ。

 通常、商標権は10年ごと(場合によっては5年ごと)に更新料を支払えば自動的に権利が延長されるが、商標権消滅となれば当然、ロイヤリティー支払義務はなくなる。

 しかし、福岡地裁加藤聡裁判長)は2023年9月、食品会社側の請求を棄却。

 判決理由として「林家木久蔵は過去の芸名で著名な名跡であり、登録商標でなくても無断使用はパブリシティー権侵害に当たり得る」との判断を示した。

「つまり、会社側は『林家木久蔵』の商標権が登録から10年を迎えて消滅したと考え、ロイヤリティーを支払う必要がなくなったと判断した。しかし裁判所としては、芸能人やプロスポーツ選手などの氏名や肖像から生じる経済的利益や価値にパブリシティー権があり、その侵害にあたるとして、請求を棄却したわけです。木久扇及び木久蔵という名称の公益性が、司法によって認められることになったわけですね」(社会部記者)

 試食会ではインバウンド需要を意識しながら、

「外国人からしたらとても安いってことで、1箱400円でも買っていくんじゃないかと。そっちの方が利益率はよかったかな」

 と変わらぬ商魂を見せた木久扇。

 「笑点」を卒業してもなお、その鼻息は収まらないようだ。

千葉すず 水泳連盟会長にケンカを仕掛けた「記録突破でも五輪落ち」裁判

                                 

 2000年4月、シドニー五輪選手代表選考会に出場した千葉すずは、200メートル自由形で優勝。

 タイムも国際水泳連盟が定めた五輪参加A標準記録を突破していた。

 ところが大会後に発表された日本代表メンバー、男女合わせて計21人の中に、彼女の名前はなかった。

 そこで落選理由を明らかにするため、日本人として初めて、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴。

 代理人とともに都内で記者会見に臨んだのは、同年6月12日のことだった。

 提訴理由を、千葉はこう語った。

「自分が代表選手になるかどうかは大きな問題ですが、それと同じくらいに、自分のような選手を(今後)作らせたくない。今の選考方法には、実力以外になんらかの意見が入っていると思う。個人的な意見が少なからず入っているのではないかと…」

 要は今回の選考には、その誰かの意見が強く反映されているというのだが、むろん、その「誰か」が、日本水泳連盟古橋廣之進会長であることは、誰の目にも明らかだった。

 両者の確執はこの時点から4年前(1996年)のアトランタ五輪に遡る。

 水泳チームのキャプテンだった千葉は、出発直前のインタビューでメダルについての明言を避け、ただ「楽しんできます。それだけです」と発言。

 メドレーリレーで9位になり予選落ちすると「9位なら11位のほうがマシ」と発言したことが物議を醸すことに。

 さらに800メートルリレーでは4位入賞するも、出演したテレビ番組で「(メダル、メダルという人は)自分で泳いでみればいいんですよ」と掟破りの放言が飛び出した。

 アトランタから帰国後も「メダルを取るとは一度も言っていない」と語ったことで、日本水泳連盟、とりわけ古橋会長とはバチバチの関係に発展したのである。

 その後、千葉は現役を引退したものの、1999年の日本選手権でカムバック。

 100メートル、200メートルの自由形で優勝すると、古橋氏が突然、「シドニーは少数精鋭でいく」と言い出した。

 さらに4月の自由形準決勝で2位になった際、千葉が「この大会が目標じゃない」と発言したことに対し、古橋氏は「千葉排除」をほのめかす。

「チームの足を引っ張るようなヤツは連れて行かない。うぬぼれて天狗になったらオシマイ。アトランタ五輪みたいになって、勝てない」

 バッサリと斬り捨てると、その翌日には千葉抜きのメンバーが発表されたのである。

 となれば、千葉抜きでのチーム編成は事前に決まっていたととられても仕方がない。

 だが、選考基準がある以上、それを満たしていれば、代表に選ばれてしかるべきだろう。

 つまり千葉のCASへの提訴は、ある側面では「スポーツ選手はこうあらねばならぬ」といった古い体質に一石を投じることになったわけだ。

 しかしCASは2000年8月、日本水連の選考は公正だったとして、千葉の提訴を退けた。

 ただ、水連が千葉に対し、事前に選考基準を明確に伝えていれば今回の提訴は起こらなかったとして、提訴費用の一部(約65万円)を千葉に支払うよう水連に通達。

 確かに選考基準の明確化には一石を投じた、この裁判。

 それと引き換えに、両者の間にできた溝は、さらに深まる結果となったのである。

高砂親方 無断帰国の朝青龍とモンゴル温泉治療で「肌がつるつるになった」発言の波紋

                               

 昨年11月2日、小腸ガンのため67歳で死去した高砂親方(元大関朝潮、本名:長岡末弘)。

 近大時代にアマ、学生横綱2冠を達成して高砂部屋に入門すると、立ち合いの激しい「ぶちかまし」ですぐに人気者に。

 幕内優勝も果たし、大関に昇進した。

 引退後の1990年3月には先代若松(元関脇・房錦)から若松部屋を継承し、2002年2月に7代目高砂を襲名している。

 現役時代は身長183センチ、体重180キロ。愛嬌のあるまん丸い顔でよく喋り、その陽気なキャラクターから「大ちゃん」の愛称で親しまれた。

 親方となった後は、朝青龍や朝乃山らを育てた。

 性格はいたってのんびり屋で、弟子への指導も放任主義

 スポーツ紙記者によれば、

「稽古中、親方はいつも上り座敷でスポーツ新聞に隅々まで目を通し、弟子に声をかけることはほとんどなかったですからね。いい意味では放任主義だけど、悪く言えば指導に熱心とは言い難かった。それが朝青龍を増長させる原因となってしまったことは、間違いないでしょうね」

 そんな朝青龍は2003年の名古屋場所旭鷲山のまげをつかむ失態を演じ、反則負け。

 しかも取組後には、駐車場に止めてあった旭鷲山の愛車のドアミラーを破壊したばかりか、その後も風呂場でヒジがぶつかった、ぶつからないで大乱闘寸前になる始末。

 そして2007年9月の名古屋場所後に勃発したのが、高砂親方に無断でのモンゴル帰国騒動だった。

 前出のスポーツ紙記者が、当時を振り返る。

朝青龍疲労骨折で夏巡業の休場届を出しておながら、モンゴルで中田英寿らとサッカーに興じていたことがバレて、謹慎処分を食らいました。にもかかわらず、またも無断でモンゴルへ帰っていたわけですからね。横審から事情聴取された親方は当初『帰っていないと思いますよ』と答えた。『思います、とはどういう意味ですか』と聞かれて『本人が部屋にいると言っていました』。まったくもって、開いた口が塞がりませんでしたよ」

 結局、モンゴルに戻った朝青龍を追って現地入りした親方だったが、わずか35時間の滞在で、首都ウランバートルから関西国際空港に到着。

 その後、両国国技館入りした親方は午後2時から記者会見に臨んだ。

 故障しているという朝青龍のヒジと腰を治療するための、現地の温泉施設を視察したというのだが、「温泉治療はどうでしたか」と聞かれ、ぶったまげる発言が飛び出したのである。

「肌がつるつるになった。効力はすぐ眠れること。睡眠がとれる。泥と温泉を混ぜて効果が出る。高い温度だが、42度に薄めた」

 この発言が横審の怒りを増幅させたことは、言うまでもない。

 今年2月5日、高砂親方のお別れの会に参列した元朝青龍のドルゴルスレン・ダグワドルジ氏は、複雑な感情を封印し、

「もう一回、会いたかったね。握手して別れたかった」

 と語ったが、その胸中はどうだったのか。

河村たかし名古屋市長 いきなりガブリで「恋愛禁止かね」「ええ旦那もらって」のトホホ「禁メダル」事件顛末

                            

 日本語では、敬意を表すため訪問することを「表敬訪問」と呼ぶ。

 だが、オリンピックのメダリストたちが地元を訪れ、お偉いさんに挨拶する際、これを「表敬訪問」と呼ぶか否かには賛否の声がある。

 なぜならこの場合、あくまでも主役は選手だからである。

 さて、タチが悪い冗談だったのか、はたまた自己顕示欲が剥き出しになってしまったのか、選手が訪問した際に、金メダルにガブッと噛みつき、大ひんしゅくを買ってしまったのが、言わずと知れた河村たかし名古屋市長である。

 時は2021年8月4日。場所は名古屋市役所

 この日、ソフトボール日本代表として金メダルを獲得した、「レジェンド・上野由岐子の後継者」と呼ばれる後藤希友投手が地元の名古屋に凱旋。

 そこで前代未聞の事件が勃発した。

 河村市長が「おめでとうございます」と微笑んで感謝状を渡したところまではよかったが、後藤選手から金メダルを首にかけてもらうと、何を思ったか、おもむろにマスクを外し、ガブリと噛んだのである。

 コロナ禍でみんなが細心の注意を払っている最中の出来事。

 しかも河村氏はメダルを拭くこともなく彼女に返すと、「恋愛禁止かね」「ええ旦那もらって」と、セクハラを疑われる発言まで飛び出したのである。

 当然のことながら、市民から非難が殺到したことは言うまでもない。

 名古屋市役所には1万6000件を超える苦情が寄せられ、事態を重く見たIOCがメダルを交換するという、異例の対応をとる大騒ぎに発展したのである。

 河村氏は2009年に市長に就任し、4期目。

 一貫して庶民派をアピールし、人気を集めてきた。

 ところが時代が変化していく中、その「気さくさ」が「非礼」に変わってきたことになかなか気付けないことで、名古屋市民からは「もうあの時代遅れのオヤジギャグにはうんざり」との声が噴出していた、そんな矢先の事件だったのである。

 この大騒動を受けて、市職員宛てに「詫び状」をしたためた河村氏は、自身も9月になって新型コロナウィルスに感染したこともあり、囁かれていた10月の衆院選出馬はなくなった。

 自身が率いる「減税日本」からは、候補者も出せずじまい。

 年末の会見では「今年の漢字は?」と聞かれ、やはり騒動があとを引いているのか、「アポロジャイズ(謝罪する)は英語かね。英語は漢字にならんか」とポツリ。

 今時、他人のものをその人の同意なく勝手に噛むなどという行為は、子供でもしないもの。これをパフォーマンスと捉える「時代とズレた」感覚が問題視される出来事なのであった。