記者バカ一代 マル秘取材メモで振り返る、昭和&平成「記者会見」裏面史

号泣!大爆笑!居直り!記者会見に見る、昭和・平成史

池谷幸雄 体操引退タレント転身、不倫離婚、電撃再婚・離婚、参院選、妊娠騒動…の激動半生

                                

 遡ること14年の2010年3月4日、筆者は池谷幸雄参院選出馬会見取材のため、都内のホテルを訪れていた。

 池谷は前日のブログで、比例代表候補のひとりとして、民主党から公認されたと報告。そして会見では、

「(政治も体操も)両方とも得点が出るのは同じ。相手がどう評価するかというところも似ています。全国民に体を動かすことの大切さを知ってもらいたい。トップ当選を目指して頑張ります」

 満点での着地を目指すと、熱い思いを語ったのである。

 池谷はソウル、バルセロナと2大会連続でメダルを獲得した元五輪体操選手だが、引退後はタレントに転身。

 1995年に元アイドルの樹あさ子とデキ婚して女児をもうけるも、1997年、テレビ朝日吉元潤子アナとの不倫朝帰りを激写され、離婚した。

 不倫のイメージがついたことで、テレビからフェードアウトすることになってしまったのである。

 ところが2000年、再び脚光を浴びることになる。

 12歳上で2人の子供を持つバツイチ女性実業家との電撃再婚だった。

 当時、池谷を取材したスポーツ紙記者によれば、

「彼は翌年、自身の体操クラブを設立しているのですが、その資金も奥さんがスポンサーだったとされます。住まいは恵比寿にある高級ホテルで、ポルシェを買ってもらい、まさに『逆玉』を地でいくような生活ぶり」だったという。

 ところが、である。五輪で見せた完璧な「着地」は私生活ではなかなかうまくいかず、この結婚も4年で破綻する。バツ2となってからは体操教室での後進の育成を中心に、講演やイベント出演を行ってきた。

 そんなこともあってか、突然の政治家転身宣言に芸能マスコミは驚いたわけだが、選挙戦での「選挙カー上での倒立」という仰天パフォーマンスもむなしく、落選。

 ただ、出馬によるメリットは大きかったのか、2012年のロンドン五輪では解説者として返り咲くことになった。

 そんな最中にまたも勃発したのが、「女性自身」が報じた「一夜妻が妊娠7カ月を激白!」という衝撃のスキャンダル。

 相手女性は電子書籍「女を虜にする極秘テクニック」などの著書を持つ、作家の西麻布よしこ氏だった。

 2人は知り合って3回ほどデートを重ねた後、彼女の妊娠がわかったのだという。「女性自身」の取材に西麻布氏は「DNA鑑定にも応じてもらいました。結果は完全に一致しました」とするも、当初は金銭的援助を求めないなど、円満解決に向かうと思われた。それがなぜか、すったもんだするハメに。

 池谷はその後、2020年にも29歳のグラビアアイドルから二股をかけられていたと告発され、大騒ぎになった。

 だが、体操で鍛え抜かれた根性とパワーは健在。

 2022年にはなんと、3度目の結婚をしている。かつてバルセロナ五輪後のインタビューでは、

「取材を受けていたため、ビーチでトップレスで泳ぐ欧州の女子選手を見られなかった。それが一番の後悔」

 と語っていた池谷。そう、日本の軟弱人男子たちは、こぞって彼の爪の垢でも煎じて飲むべきなのかもしれない(笑)。

川崎麻世 斉藤由貴の不倫スキャンダル後に「どちらかが殺されてしまう」凄い告白本

                                

 おそらく、「えっ、この2人ってまだ離婚してなかったの?」と思った人は多いのではないだろうか。

 昨年10月、川崎麻世と妻・カイヤとの離婚がようやく成立した。

 川崎は10月19日、事務所を通し、裁判によって離婚届が受理されたと報告。

 カイヤは21日のブログで、離婚届受理はマスコミを通じて知ったとして、次のように綴ったのだった。

〈裁判は本当に大変でした、言葉の壁や、日米の価値観の違い、思っている事や伝えたいことが残念ながら届きませんでした PS. 出会ってから一週間の間まで、あなたは本当に素敵でした。さよなら、麻世〉

 その文面に改めて2人の間の深い確執と、言葉では言い表せない愛憎を感じたものである。

 2人は1990年に結婚。以降、三十数年にわたるすったもんだの末、2017年に川崎が離婚を求めて裁判所に提訴する。

 この訴えに対し、カイヤは川崎のDVなどを理由に、慰謝料を求めて反訴していた。

 判決では離婚は認められたものの、カイヤが主張する慰謝料については棄却され、彼女にとっては後味の悪い判決となったようだ。

 川崎の記者会見で最も有名なのは1993年7月15日、斉藤由貴との不倫報道を受けて、カイヤ同席で行われたものだろう。

 筆者もその日、この会見を取材した。

 川崎が座る左側の壁にもたれ、白いTシャツにジーンズ姿で腕を組み、仁王立ちのカイヤ。

 夫の一挙手一投足に厳しい視線を送る彼女の姿に、背筋がゾクッとしたことを憶えている。

 そんな騒動から7年後の1999年に発売されたのが、川崎の著書「カイヤへ!」だった。その内容はすさまじいもの。

 例えば妊娠のくだりでは、避妊具を体に「装着」しているカイヤから「99%妊娠の心配はない、副作用もない」と告げられ、その言葉を信じたら妊娠5カ月だと告げられて結婚。

 ただ、夫婦喧嘩の際には彼女が運転する車にはねられて「今も右手親指に残る傷痕は、その時、ミラーが割れて深く突き刺さった時に出来たもの」であるとか、目が動かなくなり病院へ行くと「疲れとストレスが原因で両目の角膜がはがれている」と診断されたとか。

 しかもその夜、またも夫婦喧嘩が勃発し、「後頭部をぶつけられて僕の頭部が割れて出血」。

 そして病院に運ばれる救急車で「薄れゆく意識の中で、このまま、僕たちは一緒にいたら、どちらかが殺されてしまう…」などなど。

 まさにとんでもない鬼嫁エピソード満載なのである。

 書籍化には本人はむろんのこと、読み聞かせたにせよ、カイヤもゲラには目に通しているはずだ。

 が、行間から滲み出る「ネタ」にしてはあまりの激ヤバ・エピソードに、川崎の内面にある「本音」を垣間見た気がしたものだ。

 だが、彼らは三十数年にわたり、愛憎劇を繰り返しながらも、夫婦であり続けることを選択した。

 これを凄いと思うか、時間の無駄だと思うかは捉え方次第。

 いずれにせよ、川崎が著書に綴った「どちらかが殺されてしまう」なんてことにならなかったのが、せめてもの救いだったのかもしれない。

ファンキー加藤 絶句して2分間も固まった「不倫妊娠」相手のダンナとは

                              

 2016年6月、それは「週刊女性」のスクープ記事だった。

 そして同誌が報じた元「ファンキーモンキーベイビーズ」のボーカル、ファンキー加藤と、お笑いコンビ「アンタッチャブル柴田英嗣の元妻AさんとのW不倫騒動は、少し前まで盛り上がっていた、ゲスの極み乙女川谷絵音ベッキー騒動を一瞬にして消し去るほどの勢いがあった。

 柴田がAさんと「デキ婚」したのは2005年。

 その後、2人は長男、長女と生活を共にしてきたが、2015年5月にAさんの浮気が原因で、夫妻は離婚。

 ところがなんと、彼女の浮気相手というのが加藤だったのである。

 しかもAさんのお腹には、臨月になる加藤の子供がいたことも発覚。

 まさに芸能史に残る大スキャンダルとなってしまったのである。

 記事を受けて、6月7日に記者会見した加藤は平身低頭、謝罪の言葉を絞り出した。

「このたびは僕の軽率な振る舞いで、多くの関係者に辛い思いをさせてしまいました。そして、ずっと僕のことを応援し続けてくれたファンのことも裏切ってしまった。心からお詫びします。妻に対しては、これから一生かけて償っていくつもりです」

 一方、囲み取材に応じた柴田は、

「(相手が)わかった時は結構、衝撃でしたけどね。わかったのはそれ(離婚)からしばらくしてからで。(元妻から)『子供ができたので相談したいんだけど』って。相手がどういう人なのか、ご職業も教えてくれませんかって言ったら『ファンモンの加藤さんです』と」

 打ち明けられたのは離婚後だったが、柴田がそれを聞かされのは、なんとホテルで開かれた「三者会談」直前。

「『ああ、そうなんだ』って言って会いに行ったらね、加藤ちゃんは知らなかったみたいで。いや、2分くらい動かなかったですね、加藤ちゃんは。『俺なんだよね、ダンナは』って話して、また更に固まっちゃうっていうね…」

 それはそうだろう。

 結局、加藤は妻とは離婚せず、お腹にいるAさんの子供を認知した上で、柴田に慰謝料として数千万円を支払うことで結着がついた、との報道も。

 おそらく流れとしてはそんなところだったのではないかと思われる。

 この騒動でふと脳裏をよぎったのが、エリック・クラプトン至極の名曲「いとしのレイラ」のチャラララララ、ラ~ンという、かの有名なイントロフレーズだった。

 この曲はクラプトンが、親友だったジョージ・ハリスンから元妻のパティ・ボイドを略奪した際の苦悩が歌われている。

 2人は結婚後、結局は破綻してしまうのだが、略奪劇で誕生したこの曲が、50年以上の時を経てもなお色褪せないことに、驚きを禁じえない。

 むろん、傷ついている人がいる以上、不倫を肯定するつもりはない。

 ただ、皮肉なことに、世間の批判や逆境を飯のネタにできるのもある意味、創作者ならでは。

 加藤は今年でソロ活動10周年を迎えるという。

 はたして加藤はこの不倫劇を、自身の作品にどう反映させていくのだろうか。

藤田紀子 直撃取材でしどろもどろになったピース・綾部祐二との「30歳差」自宅密会

                               

 ロサンゼルスのオシャレな自宅ガレージ前でブランチしながらくつろぐ、お笑いコンビ「ピース」綾部祐二のインスタグラムを見た。

 綾部はハリウッド進出を目指して、2017年に渡米。

 現在はロサンゼルスを拠点としているというが、昨年11月には、アメリカで結婚した妻を連れて帰国した。

 ネットにアップされたスポーツ紙のコメント欄に書かれた〈この人、いったいなにやって食ってるの?〉の疑問に「う~ん、だよね」と思ったものだ。

 それはさておき、綾部がアメリカに発つ前、なんと年の差30歳の熱愛をスクープされた相手が、故・二子山親方の元妻で、若貴兄弟の母親である藤田紀子だった。

 2人は前年5月にテレビ番組で新郎、新婦役として再現ドラマに出演。その後、関係を深めていったという。

 2012年8月、熱愛を報じた「週刊ポスト」の誌面には、綾部が都内の高級住宅地にある藤田のマンションを訪れる際の写真がバッチリ収められており、直撃取材を受けた藤田は、

「仲良くさせていただいております。嫌いな子とはお話しないでしょ、ウフフフ…」

 そう言いながら「頬をピンクに染め、しどろもどろだった」のだとか。

 出演番組などで常々、熟した女性好きを公言していた綾部。藤田についても「好きなタイプ」として挙げていた。

 一方の彼女も二子山親方と離婚する前には、18歳下の青年医師との不倫が報じられたこともあり、口さがない記者からは「熟した女性好きに年下キラーだからなぁ。お似合いのカップルじゃないか」との声が上がっていたものだ。

 2016年10月8日、緊急記者会見を開いてニューヨークに拠点を移すこと発表した綾部は、

「(藤田には)まだしていませんが、報告させていただきます」

 これに藤田も囲み取材で応じ、エールを贈る。

「やると決めた以上、心から応援したい。頑張ってほしいなと思います」

 ただ、綾部の後輩芸人を取材すると、こんな答えが返ってきたのも事実で、

「熟好きと言っていますけどね。若い女性も好きで、とにかくストライクゾーンが広くてモテモテです」

 ワイドショーの取材を受けた綾部の母親も「私と同い年ですよ。ありえないでしょ」と一笑に付したこともあって、30歳差の遠距離恋愛の行方は、まさに神のみぞ知るというところとなったのだが…。

 と、そんな時、ふと見ていた番組に出演する加藤茶が、45歳も離れた綾菜さんの家を訪ねた時のエピソードを明かしていた。

「結婚の許可をもらうために彼女の家に行ったんだけどさ、緊張してトイレ行きたくなっちゃって。で、トイレから出たら、帰ってきたお父さんと鉢合わせになって、『あっ、うちのトイレからカトちゃんが出てきた』って…」

 もし同じシチュエーションになったら、「ありえないでしょ」と語った綾部の母親は、いったいどんな顔をするのか、などといらぬ妄想してしまったものだが…。

袴田吉彦 「アパ不倫」後の、すべてを捨てた「仰天コスプレ」起死回生劇

                               

 阿部サダヲ主演のドラマ「不適切にもほどがある!」(TBS系)が、なかなか面白い。

 中でも懐かしさを覚えたのが、主人公の市郎たち行きつけの喫茶店「喫茶&バー すきゃんだる」。

 なにしろこの店、当時、筆者が悪ガキたちとたむろしていた店に、雰囲気がそっくりなのだ。

 そういえばあんなオヤジだったよな~、と思わず苦笑いしてしまいそうなマスター役を演じるのが、かつて「アパホテル不倫」で芸能マスコミの話題をさらった袴田吉彦だ。

 袴田の不倫が「週刊新潮」で報じられたのは、2017年1月である。

 同誌の取材に対し、お相手のグラビアアイドル・青山真麻が「ホテルに行ったのは10回、そのうち7回はアパホテルだった」「しかも、メンバーズカードでポイントを貯めていた」と暴露したから大変。

 一躍「アパ不倫」として、メディアを駆けめぐることになった。

 だがこの騒動、これで終わることはなかった。

 その後、彼女が複数の男性誌に一糸まとわぬ姿で登場したからだ。

 そして「動くのが面倒だったのか、私が上になった」「次はアパじゃなく、もう少し高級なホテルに連れて行ってくれる人がいい」などと発言。SNSに〈ホテル代くらいケチすなよ!〉〈芸能人のくせにセコイ奴〉といった書き込みが続出する事態に発展したのである。

 騒動の余波もあり、2017年9月、袴田は7年間連れ添ったタレントの河中あいとの離婚を発表。

 結婚の翌年に生まれた長女とも離れ離れになることを余儀なくされた。

 そんな失意にある袴田に手を差し伸べたのが、ダウンタウンの番組制作スタッフだ。

 袴田は同年末の「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」(日本テレビ系)に出演。ほぼ何も着ていないコスプレ姿で下着を模したマスクを被り、同じく不倫をスッパ抜かれた原田龍二とともに「不倫仮面」などとして登場したのだが、これがバカウケしたのだ。

 当時、日本テレビ関係者は、筆者の取材にこう語っている。

「騒動から1年も経たない段階で、公共の電波であの格好を晒すわけですからね。本人も相当悩んだと聞いています。最終的には元奥さんに許可を得ての出演となったようですが、全てをかなぐり捨てたからこそできた、まさに捨て身の芝居だったということです」

 そんな騒動から2年後の2019年5月31日、アパホテル元谷芙美子社長が「アパリゾート上越妙高 ひまわりコキア王国」発表記者会見に出席。

 ここで飛び出したのが、袴田についての質問だった。

「私、あんまりちょっと実際に知らないんですよ」

 と前置きした元谷社長は、

「ただ、お陰様で1500万人の会員さんがいらしてくださって、どなたがいらしてくださっても、社長としては嬉しい限りです」

 袴田との共演の可能性はあるのかと畳みかけられても、

「オファーはまだいただいておりませんので…ハハハ…広報を通してください」

 そう言って苦笑いするのだった。

 このやり取りには笑うしかなかったが、袴田はその後、美容サロンを経営する女性と再婚。

 アパホテルを現在も利用しているかどうかは、定かではない。

篠原涼子 24歳年上の夫・市村正親との離婚で取り戻した「女としての刺激」

                               

 先日、「篠原涼子、激動離婚から3年『4月主演ドラマ』で完全復活が言われるワケ!」と題するネット記事を目にし、そうか、もうあの離婚劇から3年も経つのか、と思った。

 独特なキャラと演技力の高さで人気と実績を誇ってきた彼女が2021年7月、市村正親との離婚を発表した際、長男と次男の親権を手放した。

 翌月発売の「週刊文春」では韓国人男性アイドルとの不倫疑惑が報じられ、イメージが大幅ダウン。

 その後に出演した作品は全盛期ほどの高視聴率は取れなかったが、次回の刑事ドラマでは、脚本家としても今や抜群の存在感を持つバカリズムとの共演とあり、前評判は上々で、大きな期待が寄せられている。記事にはそう記されていた。

 確かにあの離婚劇を経ての「不倫疑惑」報道で、篠原が受けたイメージダウンは計り知れなかったのでは、と思う。

 特に子供を持つ同世代女性からの反発は激しく、筆者の周りでも「いくらなんでも身勝手すぎるわよ」「24歳上の旦那に子供を押し付けて、女として生きる道を選ぶって何!?」といった声が上がっていたことも事実だ。

 2人は2001年、舞台「ハムレット」での共演で知り合い、4年後に結婚。

 当時、篠原の父親は猛反対だったそうで、その理由が市村との年の差に加え、出会った当時、彼がまだ妻帯者だったからだといわれる。

 とはいえ、男女の仲は昔から、障害があればあるほど燃え上がるもの、と相場が決まっている。

 で、盛り上がった2人を誰も止めることができず、めでたくゴールイン。

 その後の円満ぶりに、役者同士でも年が離れていても幸せになれるんだから、といった理想的夫婦のイメージが形成される。

 そのまま「ともに白髪の生えるまで」的な生活が続くのでは、と多くの人々が思っていたのだが…。

 篠原が市村との離婚後、初めて公の場に姿を見せたのは2021年11月10日。

 都内で行われた「Netflix Festival Japan 2021」のイベント会見だった。

 篠原は、Netflixが配信するドラマ「金魚妻」で不倫妻を演じることになり、胸元が大きく空いたドレス姿での登壇となったというわけだ。

 ところでこの作品は、前宣伝でやたらと「地上波での映像化は無理」等々と、激しいベッドシーンや露出があることを強調。

 そんなこともあり、登壇した篠原も、

「大胆なシーンにも、体当たりで挑んだ作品。見応えがあって、ひとりひとりの物語の感情が込められています」

 と作品のアピールに余念がなかった。

 その表情は文字通り演技者として自信に満ち溢れたもので、市村との結婚から16年目にしての離婚で、彼女が取り戻したかったのは、この「女優として」「女として」の刺激だったんだろうな、と妙に納得させられたものである。

鼠先輩 「大仁田厚方式」で計画的引退を演出、の記者会見で語った「サラサラへア」宣言

                             

 昨年暮れだったか、たまたま新聞で、アメリカ出身で史上初の黒人演歌歌手として話題になったジェロがX(旧Twitter)に〈本日からしばらく日本から離れ、アメリカで暮らすことになります〉とメッセージを発信していることを知った。

 フォロワーからは〈どうかアメリカに行ってもお元気で〉〈「寂しくなりますね。心癒されに日本を訪れてください〉といった暖かい声が寄せられている、ということだった。

 そういえば当時、ジェロの「海雪」をカラオケでよく歌ったなぁ、と懐かしさが脳裏をよぎったものだ。

 そしてついでに思い出したのが、ジェロがこの歌で大ヒットを記録した2008年に突如、「ぽっぽぽぽぽ~」のフレーズで一気に大ブレイクした、鼠先輩だ。

 人を食ったような名前で、パンチパーマにサングラス。

 「ドン・キホーテ」で揃えたというダブルのスーツで歌うデビュー曲「六本木~GIROPPON」は、発売前から携帯電話の着うたサイトのランキング1位を獲得。2008年6月30日付のオリコン週間ランキングで、初登場13位という快挙を見せた。

 岡山県出身の鼠先輩は「バンドで有名になるぞ!」と意気込んで上京したものの、鳴かず飛ばず

 結局、ペンキ職人、スナックのマネージャー、キャバクラのボーイ、清掃業など30種もの仕事を転々とした。

 デビュー直前にはAVビデオの監督兼男優として「鬼畜系作品」などに出演していたとして、話題になったものである。

 ところが、そんな彼が突然、年内限りでの引退を発表する。

 東京・六本木のホテルで記者会見を開いたのは、デビューから1年後の2009年6月3日だった。

 おなじみのパンチパーマに紫色のド派手なスーツで現れた鼠先輩は、

「子供の頃から歌手や芸能界で活躍するのが夢で、こうしてなれたわけですが、思った以上に厳しく、(懐に入ったのは)おそらく100万円ちょっと。思っていた以上にお金にもならなかった」

 その上で、次のようなスパッとした物言いで、芸能人廃業も宣言したのである。

「私は一発屋。桜のようにパッと咲き、パッと散るのが定め。きれいサッパリ引退して、足を洗います。人生一度きりですので、これからはハローワークに通い、自分が好きで楽しいと思える道にいきたい」

 とはいえ、芸能界では大々的に引退会見を開いた後、何食わぬ顔で復帰することはままあること。

 筆者も同行したカメラマンと「あれは間違いなく、2年か3年で復帰するパターンだな」などと話していた。

 そして想像通り、いや、予想をはるかに上回るスピードで、鼠先輩は復帰。

 その際にはこう説明している。

「もともと復帰するつもりで引退したんです。引退して、タイミグを見計らって復帰。それを繰り返す。大仁田厚さんなんか、10回くらい引退興行やってるじゃないですか。だから俺も大仁田式でやろうかと」

 まったくもって悪びれる様子などなし。

 ただ、引退会見でトレードマークのパンチパーマを「来年からサラサラヘアにします」と語っていただけに、それを見ることができなかったのは残念だが…。