記者バカ一代 マル秘取材メモで振り返る、昭和&平成「記者会見」裏面史

号泣!大爆笑!居直り!記者会見に見る、昭和・平成史

青田典子 「負け犬キャラ」の仮面が剥がれた「たった1年の結婚生活」

                               

 石原真理子との事実婚を含め、バツ3の経歴を持つ玉置浩二にとって、5回目の結婚相手となったのが、現在の妻である青田典子だ。

 2人は10年7月に入籍。

 ただ、玉置の女性遍歴を考えると「死ぬまで一緒です!」と言われても、やはり当初はどうしても「思い付き婚」の感が否めなかった。

 しかし、夫婦とは異なもの。それから13年が経過した現在も、円満な夫婦生活は継続中のようである。

 実は青田にも、わずか1年という短い期間ではあるが、結婚していた時期がある。

 その事実を「女性セブン」にスッパ抜かれ、急遽、記者会見を開くことになったのが、07年5月17日のことだった。

 当時、青田はロンドンブーツ1号2号が司会する「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)のコーナー「格付けしあう女たち」で、自らを「10年落ちのベンツ」「賞味期限切れの女」と自虐してみせ、バブルを引きずる女「バブル青田」として大ブレイク中だった。

 それまでの青田はC.C.ガールズ卒業後、長い不遇の時代が続いており、それを支えてくれたのが、04年11月に結婚した飲食店経営者だったのである。

 しかし、運命とは皮肉なものだ。

 入籍後ほどなくして「負け犬キャラ」でブレイク、彼女が多忙になったことで夫婦仲がギクシャクし始める。

 そして入籍から1年後の05年10月に、離婚することに。

 記者会見に臨んだ青田は、心情を吐露した。

「(バブル青田でのブレイクは)最後の賭けじゃないけど、このチャンスを逃したくない自分がいました。結局、仕事と家庭を両立できなくなってしまいました」

 確かに表向きは自虐的な「負け犬」を演じながら、実際には都内の高級マンションで2人仲良く「幸せな結婚生活」を送っていたとなれば、そのギャップは大きい。

 会見では「離婚したのは、負け犬キャラを続けるための辻褄合わせでは?」といった厳しい質問が飛んだが、

「それは全くありません。原因はすれ違いです。お互い仕事が忙しくなって、不安の方が大きなってしまった。ファンの方には自分の口から伝えることができなくて、本当にすみません」

 涙目で頭を下げたのである。

 とはいえ、2人は戸籍上夫婦ではなくなったものの、交際は継続中で、お互いの自宅を行き来する「恋人状態」だというから、そうなると「仕事は順調、男は不調」というキャッチフレーズにも、首をかしげたくなったものだ。

 そんな青田が玉置と再婚したのは、会見から3年後。

 そして、この結婚を境に「あな~たの~、そば~にい~るから~」とばかりに「負け犬キャラ」に終止符が打たれることになったのである。