記者バカ一代 マル秘取材メモで振り返る、昭和&平成「記者会見」裏面史

号泣!大爆笑!居直り!記者会見に見る、昭和・平成史

岸部四郎 「借金5億円降板」逃げるように番組スタジオから去っていき…自己破産の顛末

                        

 俳優として活躍したのち、朝のワイドショー「ルックルックこんにちは」(日本テレビ系)で13年半にわたり司会を務めてきた岸部四郎が亡くなって、今年8月で2年の月日が流れた。

 岸部は昭和44年(1969年)に沢田研二がボーカルを務め、兄・岸部一徳がベースを担当するグループサウンズザ・タイガースにギターとタンバリン担当で加入。

 同53年(1978)にはドラマ「西遊記」(日本テレビ系)の沙悟浄役で人気者になり、同59年から同局で「ルック」を担当することに。

 しかし、平成10年(1998)4月6日、突然、番組に司会降板を申し入れる。番組終了後、スタッフに挨拶もせず逃げるようにスタジオから去ったことで、大騒動に発展したのだった。

 翌7日、忽然と姿を消した本人に代わって記者会見を開いた弁護士は、降板の理由について、

「現在、自己破産の申し立てをしています。負債額は3億6000万円と、税金が6千数百万円。判明していない負債は調査中で、あと1億いくかどうか…。破産の直接の原因は、昨年4月、友人の借金の保証人になったことです」

 岸部に5億円を超える借金があることを明かしたのである。

 岸部の自宅を訪ねるも、インターフォンには反応なし。そこで、岸部が4年前に再婚した14歳年下の夫人と一緒に開いた、東京・南青山にある古美術店「プチ・ルーブル」を訪ねたが、こちらもシャッターが閉められたまま。

 そこで周辺を取材すると、前夜には金融ブローカーらしき債権者らが多数、店に押しかけてきたものの、すでにもぬけの殻だったという。

「大声で怒鳴り散らしたり、シャッターを蹴り飛ばしたりと、皆さん、それは凄まじい形相で。一目で『その筋』とわかる業者も数名いましたね」(近所のオフィスに務める会社員)

 日本テレビ関係者を取材すると、降板を申し入れた際、岸部は未払いのギャラ450万円を「振り込みではなく、現金で受け取りたい」と言ってきたそうだが、局側はこれを拒否。この関係者が言うには、

「結局、上層部以外、『ルック』スタッフさえも、事情がよくわからない、寝耳に水としか言いようのないドタバタの降板だったようです」

 かねてから、古美術品やブリキ玩具などの収集で知られ、高級ブランドで身を固めていたという岸部。前出の日テレ関係者によれば、

「バブル期には米国と都内にディスコをオープンしたり、ヘリコプターリース会社を経営したりして、羽振りもよかったようですが、バブル崩壊でいずれも倒産したと聞いています。噂ではヤバイ業者からの借り入れもあったといいますから、厳しい追い込みをかけられていた可能性はありますね」

 結局、身の危険を感じ、夫人と共に身を隠したのだろう。

 その後、岸辺の自己破産が成立したが、億万長者から無一文に。天国と地獄を味わうことになったのである。