記者バカ一代 マル秘取材メモで振り返る、昭和&平成「記者会見」裏面史

号泣!大爆笑!居直り!記者会見に見る、昭和・平成史

菅原文太 東日本大震災で「映画作ってる場合か」「日独伊三国同盟で原発やめろ」

                               

 東北地方を中心に甚大な被害をもたらした東日本大震災から12年の月日が流れた3月11日、地震が発生した午後2時46分は、日本中が鎮魂に包まれた。

 当然のことながら、当時はこの震災により各地でイベントやロケが中止になるなど、エンタメ界にも大きな影響を及ぼすことになった。筆者の印象に残っているのが、菅原文太の山田洋二監督作品「東京家族」(松竹で)降板劇だった。

 この年、監督デビュー50周年を迎えた山田氏が取り組んだのが、小津安二郎の名作である同作。その小津作品で笠智衆が演じた父親役に抜擢されたのが、菅原だった。

 ところが配役発表から20日ほどして、大震災が発生。製作は延期になる。

 その後、「思いが熱いうちに再開したい」と言う山田監督と「再開はまだ早い。シナリオも練り直した方がいい」とする菅原が対立。

 結局、菅原が降板したと報じられた。

 菅原は仙台市出身。かつては「仁義なき戦い」や「トラック野郎」などで、ダーティーヒーローを演じたものの、平成10年(1998)には都会を離れ、岐阜県の飛騨高山に夫婦で移住。

 さらに、同21年(2009)には「ニッポンの農業を何とかしたい」との思いから、山梨県農業生産法人「株式会社 竜土 おひさまの里農園」を設立した。

 3000平方メートルの借地で有機野菜の生産農家を始め、自然との共存を目指していた。

 それゆえ、未曽有の災害に「とても映画どころではない」と思ったのも自然なことなのだが、そんな菅原が同23年(2011)6月14日、西田敏行らと都内で臨んだのが、岩手、宮城、福島の被災者のための「ふるさと支援」(NPOふるさと回帰支援センター主催)の会見だった。

 原発事故の被害により福島県内の酪農家が牛舎で自死した、というニュースを聞いた菅原は、次のように切り出した。

「この大災害で3万人近い死者と行方不明者が出ていることは痛ましい。しかし、人災があることも忘れてはならない。このことを心の中で何度も噛みしめて、原発がどういうものであるかを考えていただきたい」

 その上で、独自の提案をしたのである。

「ドイツ、イタリア、日本の三国で、原発をやめるという意味での三国同盟を組んだらどうか。本当に急がないと(原発に関して)今までと変わらない日本の姿が残ってしまう。そう思うと、怒りがこみ上げてきます」

 その後、イタリアとドイツは脱原発に舵を切ったが、日本では現在も4基が稼働中で、今後も原発を巡る議論は継続していくことだろう。

 ちなみに山田監督の「東京物語」は、菅原の代役に橋爪功が起用され、元校長に設定を変更して、同25年(2013)1月に公開された。

 橋爪の演技は素晴らしかった。

 だが、菅原扮する元造船所勤務の頑固オヤジも、ぜひ見てみたかった。