記者バカ一代 マル秘取材メモで振り返る、昭和&平成「記者会見」裏面史

号泣!大爆笑!居直り!記者会見に見る、昭和・平成史

沢田研二 「あんたはバカか」当たり障りなしの質問にブチ切れた暴言三昧の顛末

                               

 沢田研二が2月14日、主演映画「土を喰らう十二ヵ月」で、第77回毎日映画コンクールの男優主演賞に輝き、表彰式にVTRで登場。

「こういう賞には縁がないと思っておりましたので、この年になってこういう賞を頂くと、まだ頑張らないといけないなと思いました」

 と、喜びを語った。

 作家・水上勉氏の料理エッセーを原案に、長野県の山荘で暮らす作家(沢田)の姿を、自然豊かな映像とともに描く、ほのぼのとした物語だ。

  沢田も御年72歳。

 年齢からすれば、穏やかになって何の不思議もないのだが、筆者には「ジュリー」と「ほのぼの」という言葉がなかなか結びつかない。

 というのも、若かりし頃の沢田は、それはもう激しかったからだ。

 筆者が初めて沢田を取材したのは、80年代中盤。場所は当時住んでいた世田谷区の自宅前だった。

 渡辺プロからの独立問題が持ち上がり、それを直接尋ねるため、自宅前で帰りを待っていた。

 実は沢田は自宅にいたらしいのだが、出てくるなり私が乗った車のドアを開け、取材手帳を取り上げると「汚いことするなよ!」とぐしゃり。

 「何するんですか!」。それが沢田と初対面で交わした最初の会話である。

 以降、幾度となく話を聞きに行くことになるのだが、何を尋ねても99%無視。

 自叙伝「我が名は、ジュリー」出版に際しても「好きに書けば」と言うのみ。

 その怒りの源がどこにあったのかはわからないが、とにかく沢田の芸能マスコミに対する拒否反応は、半端でななかった。

 そんな沢田の怒りが爆発した囲み会見が、昭和60年(1985)5月18日の、成田空港でのそれだったように思う。

 沢田は出演映画「MISHIMA」のキャンペーンのために出かけていたカンヌ国際映画祭から、JAL機で帰国。

 午前11時過ぎ、50人ほどの報道陣が待つサテライトに姿を見せると、待ち受けたカメラマンによって無数のフラッシュがたかれる。

「沢田さん、カンヌはいかがでしたか」

 質問はそんな当たり障りのないものだったのだが、瞬時に表情が険しくなる。

「どうしてそんなこと聞くの? スジを通して下さい。取材はお断り」

 そう言い放つと、その場を立ち去ろうとする。

 だが新聞、テレビは明日に出す枠を埋めなければならず、ひと言でもコメントが欲しい。

 しかも当時の芸能マスコミは、現在とは比べものにならないほどしつこく、矢継ぎ早に質問が飛ぶ。

 するとついにキレた沢田は、

「あんたはバカか。みんなで好き勝手に報道すればいいだろ」

 そして某局のレポーターに詰め寄って、

「あんたたち、こんな番組作っていいの?」

 なんと、公開説教まで飛び出す始末で…。

 こうしてジュリーVS報道陣の、ただただ混乱を招いた、1ミリの実りもない不毛な囲み会見は終了したのである。