記者バカ一代 マル秘取材メモで振り返る、昭和&平成「記者会見」裏面史

号泣!大爆笑!居直り!記者会見に見る、昭和・平成史

板東英二 「植毛に7500万円」所得隠しネタの、あまりに寒すぎる言い訳とは…

                              

 バラエティー番組などで常々、「毎日、ゆで卵が食べられることが贅沢です」と語っていた板東英二

 その個人事務所が名古屋国税局の税務調査を受け、平成17年(2005)から7年間で約7500万円の申告漏れを指摘されたのは、同24年(2012)12月のことだ。

 板東は昭和63年(1988)に国税局のPR役に起用されて以降、23年にわたって「期限内に確定申告は済ませましょう!」とアピール。

 名古屋国税局から感謝状まで送られる、いわば「納税の顔」だった。

 このスキャンダル報道を受けて、出演番組は全て出演見合わせ、あるいは降板が決まり、芸能活動を休止。

 板東の姿は表舞台から忽然と消えることになる。

 ところが、そんな騒動から11カ月が経過した翌25年(2013)11月10日、板東が会見を開き、そこで飛び出したのが、その後にギャグになる「植毛ネタ」だったのである。

 会見の冒頭、世間に迷惑をかけたことを謝罪。続いて申告漏れの具体的内容を問われ、「はい、あの、私…」と一瞬口ごもったかと思うと、

「実はこの20年近く、植毛をやってまいりました。カツラが経費で落ちるとは聞いておりましたので、当然、植毛も落ちると思っておりまして」

 とカミングアウトし、報道陣から失笑を買うことに。

 というのも、板東の申告漏れは、7年間で7500万円。いくらなんでも、その金額を植毛手術に結びつけるには無理がある。だが、唖然とする会場の空気をヨソに、悪びれる様子もない板東は、

「しかし美容整形と同じで、経費にならないと初めて知りました。無知でした。植毛がかなりの金額だったので…」

 最後まで「原因は植毛」との主張を押し通したのだった。

 そこで、植毛を専門にする美容クリニックを取材すると、こんな答えが返ってきた。

「個人差はあるものの、通常、植毛の相場は年間150万円ほど。ですから、7年とすれば、合計金額はおおよそ1000万円ほどではないでしょうか」。

 さらに、税理士によれば、

「確かにカツラは『舞台衣装』でもあるため、経費で落とすことはできます。ただ、植毛は仕事とプライベートの境目が難しいため、経費と認められるケースは少ないのでは。7年前以前から植毛していたのであれば、その経費も申告漏れになってしまいますから、説明に無理があるように思います」

 最後には、

「働くこと以外に能のない男です。厚かましいお願いですが、背中を押して、前から手を引っ張っていただいて、仕事をするチャンスをください」

 と懇願した板東だったが、残念ながら問題の本質すり替えともとれる「植毛ネタ」に説得力はなく、違和感しか残らない会見となったのである。